ご存知ですか?バルトレックスの効果

性病などの感染症を治療・予防する効果を持つバルトレックスについてご紹介しています。

看護婦

性病を放置すると子供に影響が出る

赤ちゃん性病に自分がかかっていると気付いていない人は多く、女性の場合は恥ずかしくて婦人科に診察に行くことができず放置していることがあります。
しかし、性病を放置したままの妊娠は胎児に影響を与えることがあるので注意が必要です。
胎児へ一番影響がある性病は梅毒です。
梅毒に感染している母親の胎盤を通して胎児に感染し、妊娠早期に感染すると胎児の死産や早産の可能性があります。
無事に出産をしても、子供が障害を持ってしまう可能性があります。
出産時に産道を通ることにより感染する性病に淋菌感染症、性器ヘルペス、クラミジア感染症があります。
淋菌感染症では新生児結膜炎・関節炎・敗血症など、クラミジア感染症では新生児結膜炎。
肺炎を起こすことがあります。
性器ヘルペスは新生児ヘルペスになる可能性があります。
新生児ヘルペスが原因で死亡してしまう恐れがあります。
母親がこれらの性病に感染していることがわかっている場合は、帝王切開による出産になります。
さらに、HIV感染症、所謂エイズと言われているものがあります。
妊娠時、出産時、授乳時のすべておいて感染の危険性があります。
子供へ感染しない出産方法や治療が進歩してきています。
病原菌やウィルスに感染している期間が長ければ、それだけ治療が行いにくく、感知しにくくなります。
性病への疑いがある場合は、妊娠の有無に関わらず早めの受診を心がけましょう。